千葉維の会 公式サイト

吉村洋文副代表  千葉県鎌ヶ谷市で熱弁!雨の中300人越え
2021.10.17 新鎌ヶ谷駅にて

衆議院総選挙
2021

令和初の衆議院選挙が10月19日公示、31日投開票と決まり総理大臣の就任から僅か10日後の解散。これは戦後最も短く、国民が不安をいだく中、新型コロナウイルス対策や経済政策、社会保障制度改革などをめぐっての政権選択となります。日本維新の会は、「身を切る改革」を始めてから国会議員団だけでもこれまでに2億円以上の歳費カットを実行しています。しがらみに捕らわれず改革を進めることができる政党。 これが日本維新の会!!

 

日本維新の会とは

2021/10/11
インタビューVol.4
 『リーダーを決める』
しがらみのない政党!身を切る改革!こんなキャッチフレーズを聞いたことはありませんか?いよいよ衆議院選が始まります。ボスを決めるのではなく決断ができるリーダーを決めなければなりません。

馬場伸幸 日本維新の会 幹事長・千葉維新の会 代表が新たな『日本大改革プラン』を語る。千葉選挙区各支部長をはじめ千葉維新の会メンバーも紹介。

日本の未来を託せる政党は、日本維新の会!

 

千葉県選挙区支部長 いざ出陣‼

藤巻けんた

【6区支部長】コロナ禍で日本経済は大きな傷を負い、建て直しが必要です。強い日本経済を取り戻すためにも抜本的な制度改革を目指します。

しいき保

【5区支部長】「変わらない政治」を変える。アフターコロナの日本再生をめざし、税制改革、社会保障改革、成長戦略へと改革を進めます。

内山あきら

【7区支部長】社会保険労務士として34年間の実績と経験を活かし、年金の専門家としての目線で高齢者の年金制度の見直しに取り組みます。

清水きよし

【13区支部長】北総地域の更なる発展のために、鎌ヶ谷市長5期の活動実績を踏まえ、市町村の実情に応じた対策を国政の場へと届けます。

政策

憲法改正への
取り組み

身を切る改革を含む
政治改革

徹底した行革

財政政策・制度

教育・子育て・
労働・社会保障

規制改革・地方分権

外交安保

新型コロナ対策についての取り組み

コロナ対策基金の寄付

日本維新の会は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大している状況を受け、今後の感染拡大を抑制するために日本政府の早急な対応が必要なものと早々に判断し、感染拡大防止の対策を求める提言書を日本政府に提出しました。また、わが党では、「新型コロナウイルス感染防止対策基金」を設置し、全国の特別党員より臨時特別党費(総額3,960万円)を徴収し、この基金により行政や民間が行う新型コロナウイルス感染防止対策の活動を支援しています。

千葉県知事と政策協定を締結

熊谷俊人新知事誕生

千葉維新の会は、3月21日に投開票が行われた千葉県知事選において、熊谷俊人氏(43)と政策協定を締結し、見事1,409,496票で勝利。主な内容は、県民の生活を守り、豊かにしていくための新しい県政を実現するために「身を切る改革」「しがらみのない行財政改革」「新型コロナウイルス感染症防止への対応」「透明性の高い、開かれた県政」「持続可能都市として発展する千葉へ」また、北千葉道路の早期開通、アクアラインの通行料金800円の維持。更には、大地震や豪雨等の大規模災害を想定した防災力の強化、危機管理体制の重視です。新しい千葉の時代に向け連携していきます。